仮想化基盤を個人で利用する理由

仮想化基盤は企業で利用されるケースが多いのですが、個人利用も増えています。

個人で仮想化基盤を利用する場合は現在動いているOS上で他のOSを動かすケースが多く、これらはホストOS型とも呼ばれます。



ホストOS型の仮想化基盤の特徴は手軽だということです。

OKWaveの詳細情報を掲載しています。

仮想化基盤ではハイパーバイザー型もありますが、ハイパーバイザー型の場合は稼働できるハードウエアが限定されること、ハードウエアごとにドライバが必要なこともあり、個人利用は少ないです。
対してホストOS型は仮想化基盤アプリケーションをインストールするだけで擬似的なコンピュータをいくつも立ち上げられます。



擬似的なコンピュータは一般的なIntelCPUを搭載したコンピュータと同等であり、各種OSをインストール可能です。

特にMacの場合はWindows用のアプリケーションを動かしたくて利用する方が多いようです。

仮想化用のアプリケーションは古くからありましたが、現在ではCPU側で仮想化に対応、もしきは補助してくれる機能がついていることが多く、ホストOSで動くアプリケーションと同等の速度でアプリケーションが動かせるとして好評です。

仮想化したコンピュータ上でOSを動かす利点はハードウエアを適切に設定できることです。

ホストOSからハードウエアを借りるのでホストOS以上のハードウエアは仮想的に設定されるので速度が落ちますが、物理的に借りた場合にはゲスト側のOSを停止すれば自由に変更できるので効率的にハードウエアが利用できるのも嬉しいところです。