業務で利用する仮想化基盤の利点

仮想化基盤は主に業務で利用されるケースが多くなっています。
業務で仮想化基盤を利用する利点は主に3つあると言われています。

1つ目の利点はコスト削減です。

サーバはアプリケーションごとに追加される傾向があります。これはアプリケーションの障害があっても他のシステムに影響を出さないこと、また、業務の追加でアプリケーションが追加されるので予測がつかず、その都度サーバを増やす結果となるようです。しかし、増えるサーバはコストを増やします。



電気代、スペース、保守要員です。



そこで仮想化基盤を利用してサーバの統合が行われています。1つもしくは2つのサーバにそれぞれのOSでごとに集約します。

集約することでコストダウンが図られます。

特に電気代と人件費は大幅カットできると言われています。

2つ目は障害時対応です。


サーバは障害と無縁でいられません。

サーバが障害を起こすと業務が止まります。
しかも復旧には時間がかかることが多く問題となっています。

wikipediaのサイトが登場しました。

そこで仮想化しておき、障害時には他の仮想化サーバに業務を引き継ぐことが行われています。
これはライブマイグレーションと呼ばれ、これまでは物理的なハードウエアを通電させて待機させて切り替えていましたが、仮想化基盤であれば1台のサーバで処理ができ、すばやい業務復帰が可能です。

3つ目は保守のしやすさです。サーバの台数をすぐに増減させられるので物理的なサーバ導入に比べて大幅な速度改善が行えます。